• TOP >
  • 乳酸菌記事一覧 >
  • 乳酸菌合っていますか?相性がいい自分に合う乳酸菌の見つけ方!

乳酸菌合っていますか?相性がいい自分に合う乳酸菌の見つけ方!

効果的に乳酸菌の恩恵にあずかるためには、自分と相性のいい乳酸菌を見つけることが必要です。様々な乳酸菌を試す方法や、常在菌を増やしつつ腸内環境を整える方法、そして乳酸菌摂取時の注意点などをご紹介しています。

相性の前に知っておきたい腸内細菌のバランス

腸内には様々な細菌がすみ着いているということは、健康に関心のない方でもご存知でしょう。実際に、どれくらいの細菌が腸内にいるのかというと、およそ1,000種類もいると言われているのです。そして、それらの細菌は、総合すると1,000兆個にもなるというのですから驚きです。

1,000種類以上も存在している腸内細菌ですが、これを大きく分類すると善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3グループに分けることができます。腸内では常に善玉菌と悪玉菌が勢力を競い合っており、日和見菌はその時々に応じて優勢な方へ味方します。つまり、善玉菌が優勢であれば日和見菌は善玉菌に加勢し、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方についてしまうのです。

基本的に、腸内細菌はバランスが大事とされており、理想的な腸内細菌のバランスは日和見菌70%、善玉菌20%、悪玉菌10%という割合が良いとされています。しかし、常にこの状態で腸内バランスが保たれているということはありません。食事などによっても変化してしまいますし、ストレスによってもバランスが崩れてしまいます。

人によって腸内にいる細菌の種類は違うの?本当に相性ってあるの?

では、善玉菌と言っても乳酸菌やビフィズス菌などがありますが、腸内にすみついている細菌の種類や数は人によって違うのでしょうか。
答えは、人それぞれ違います

母親のお腹の中にいる胎児の消化管内は無菌状態です。どうやって腸内細菌が決まるかと言うと、出産時に産道を通る際に細菌を受け取ったり、授乳や出産後の環境の中で徐々にその人の腸内細菌の種類や数が決まっていきます。

腸内細菌は種類ごとに群れをつくって腸内にすみついており、その見た目がお花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。
腸内フローラは、腸内細菌叢とも呼ばれます。「叢」には草むらというような意味があり、細菌たちが生い茂った草むらのように群生していることからこう呼ばれ、この構成が人によって差があるのです。

つまり、摂取する乳酸菌は何でも良いというわけではなく、できるだけ、自身の腸内フローラに合った種類を選ばなければならないのです。確かに、乳酸菌の多くは腸へと届く前に死滅してしまいますが、死んでしまっても善玉菌のエサになりますし、そういう意味ではある程度の効果は見込めますが、最も効率的なのはやはり自分に合った乳酸菌を見つけることなのです。

相性のいい、自分に合う乳酸菌を見つける方法は?

では、自分と相性のいい乳酸菌はどうやって見つければいいのでしょうか? 
その方法をご紹介します。

●1つ1つ試してみる

時間もかかりますし地味でもありますが、最も確実な方法がとりあえず乳酸菌を1種類ずつ試してみるという方法です。スーパーなどへ行けば、それこそたくさんの関連商品が並んでいます。そうしたヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリなど、とにかく気になったものを1つずつ試していきます。

相性が合うか悪いかの判断は、やはり便ということになります。お通じの度合いや便の状態が良好かどうかを図りながら、相性のいい乳酸菌を探していきます。最低でも数週間~1ヵ月、できれば3ヵ月ほど試してみることをおすすめします。効果は1日や2日では現れませんので、実感するにはそれだけの期間が最低限必要です。それでも実感できないようなら次の種類を試すということを繰り返して、自分と相性のいいものを見つけていきましょう。

●複数の乳酸菌が含まれているものを試してみる

この方法は、1種類ではなく、何種類かを同時に試す方法です。最近では、複数種の乳酸菌を含んだサプリメントなどもあります。同時に複数種を試せば、自分と相性のいいものを見つけられる確率も上がります。また、1種類ずつ試していくよりも効率的です。

●動物性乳酸菌を摂取する

動物性乳酸菌の多くは、生きて腸に届くことはほぼなく、胃酸などの消化酵素によって死んでしまいます。こう聞くと全く効果を得られないようにも感じられるかもしれませんが、実際には死んでしまった場合でも食物繊維やオリゴ糖と同様に腸内の善玉菌のエサになります。腸内環境改善のサポート役として、動物性乳酸菌を積極的に摂取するのもおすすめです。

●植物性乳酸菌を摂取する

近年、頻繁に見聞きするようになった植物性乳酸菌の摂取もおすすめです。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌とは異なり、生きてそのまま腸へと届くという特徴があります。また、植物性乳酸菌は日本人にもとても相性がいいとも言われています。

日本人は古来より、乳製品が食卓の中心になったことはありません。現在知られているチーズやヨーグルトなども、戦後になって広まったものであって、元々日本人は動物性乳酸菌には馴染みがなかったのです。日本人にとっての乳酸菌というのは、糠漬けや味噌に代表されるように植物性乳酸菌でした。

従って、植物性乳酸菌を摂取すれば、それが自分にとって最も相性のいいものである可能性も大いにあるのです。また、乳製品に対してアレルギーのある方などは、動物性ではなく植物性を摂取した方が安全です。

●食物繊維やオリゴ糖など乳酸菌のサポート役を摂取してみる

乳酸菌の働きをサポートしてくれるものを摂取するのもおすすめです。代表的なもので言えば食物繊維やオリゴ糖の含まれているものを試すという方法です。

食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌のエサとなって活性化にも一役買ってくれます。効果的に摂取することで、徐々に腸内環境を整えていくことができます。

サプリメントでも、乳酸菌と一緒にオリゴ糖や食物繊維が摂れる便利なタイプもあります。

相性だけじゃない!?乳酸菌の摂取にあたって注意すべき点とは?

自分と相性のいい乳酸菌を摂取するのが効果的ですが、相性のいいものを見つける方法は試してみるほかありません。
相性がいいものを見つけるためにも、摂り方には気をつけたほうがいいでしょう。いくら自分に合った乳酸菌を摂取していても、効果的に摂取できていなければ合う合わないの判断がしっかりできません。

まず、毎日摂取することを心がけてください。いくら摂取しても乳酸菌は数日から1週間ほどで排出されてしまうため、毎日摂取することが大切です。うっかり忘れてしまわないように、自分にとって何から摂る方法がいいのかよく考えてください。ヨーグルトなどの食品なのか、乳酸菌飲料なのか、サプリメントなのか。菌の種類だけでなく、毎日忘れずに摂れる、自分にとって相性のいい摂取方法を選択しましょう。

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!