乳酸菌でコレステロール値を改善~動脈硬化の予防~

コレステロールは私たちとっては生活習慣病を引き起こす危険因子でしかないのでしょうか?
コレステロールが私たちの体に対する役割をまず見ていきましょう。

コレステロールとは

細胞膜、ホルモン、胆汁酸(※)の材料となる体に必要な脂質
コレステロールの2~3割は体外から摂取7~8割は糖や脂肪を使って肝臓で作られる

※胆汁酸とは?
胆汁酸とは胆汁の主成分。
胆汁酸は肝臓でコレステロールから作られ胆汁として胆嚢に貯蔵されます。食事から脂肪を摂取すると脂肪を消化吸収しやすくするため、胆嚢から胆汁が十二指腸に分泌されます。

それから小腸の下部である回腸から胆汁酸は再吸収され肝臓に戻るのです。これを腸肝循環といいます。90%以上が再吸収されると言われています。

胆汁酸が十二指腸に分泌されないと脂溶性ビタミンの欠如脂肪酸・脂質成分の不足がおこります。

コレステロール自体は皆同じで、生活習慣病で問題となるのは、血管を通って体内を巡るためにコレステロールがタンパク質などと結合して成るリポタンパク質に含まれるコレステロールです。

コレステロールの種類

リポタンパク質にはLDLコレステロールHDLコレステロールがあります。
LDLコレステロールとHDLコレステロールの違いは以下のようになります。

【LDLコレステロール】

コレステロールが豊富なリポタンパク質。
肝臓でつくられたコレステロールを血管を通って全身へ運ぶ大切な役割を担っています。 ただ多すぎると血管壁にたまって動脈硬化の原因に。そして心筋梗塞や脳梗塞を起こさせる。そのため悪玉コレステロールとも呼ばれている。

【HDLコレステロール】

コレステロールが少ないリポタンパク質。
余分なコレステロールや血管壁にたまったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ。
コレステロールを回収して動脈硬化を防ぐ働きをしてくれるので善玉コレステロールと呼ばれている。

LDL、HDLのバランスが崩れて血液中のコレステロールが過剰となるのが脂質異常症です。

コレステロールは何故増える?

・遺伝的素質
・食生活や生活習慣(食べ過ぎ、肥満、コレステロールや飽和脂肪酸(※)を多く含んだ食品の摂りすぎ、食物繊維不足、運動不足)
・病気によるもの(糖尿病など)

※飽和脂肪酸とは?
ラードやバター、肉類の脂肪、乳製品の脂肪に多く含まれる脂質の材料となるもの。

コレステロールの弊害

コレステロールは生活習慣病を引き起こす危険因子のようにとらえられていますが、上記のように私たちの体に必要な物質であり、働きをしてくれています。

ただ、過剰なLDLコレステロールは血管壁にへばりつき、血管が狭くなっていき血栓をつくって動脈硬化を起こすことになります。

動脈硬化になるとさらに脳梗塞や心筋梗塞になる危険性がでてきます。

乳酸菌とコレステロール

乳酸菌の健康作用として整腸作用が一番よく知られていますが、コレステロールを含む血中脂質に対する改善作用もあることが研究で報告されています。

ビフィズス菌や乳酸菌といったプロバイオティクスによる脂質改善のメカニズムについては、プロバイオティクスがコレステロールと結合してコレステロールが便中に排泄されたり、またプロバイオティクスがコレステロールから作られる胆汁酸の体外への排泄を促進させることで、失われた胆汁酸を補うために肝臓でコレステロールを使って胆汁酸が作られることで血中のコレステロール値が低下すると考えられています。

ある研究では、ビフィズス菌BB536配合ヨーグルト、非配合ヨーグルトを1日200g、13週間摂取させた試験により、配合ヨーグルトを摂取した群が摂取開始前と比較して優位に総コレステロール値とLDLコレステロール値が低下していることが示されました。またHDLコレステロール値には有意な増加がみられ動脈硬化指数(LDL/HDL)の改善が見られました。

ただプロバイオティクスによる血中脂質の効果について研究が色々行われている中で改善作用が認められなかったという報告もありますが、菌株の違いや組み合わせ方によってある程度の血中脂質改善効果が期待できると考えられています。

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!