インフルエンザの予防効果が期待できる【乳酸菌L-137】とは?

【乳酸菌L-137】ってどんな乳酸菌?

乳酸菌L-137は発酵食品の「なれ鮨」から発見された乳酸菌です。

カレーで有名なハウスは独自の研究と試験を重ねて、乳酸菌L-137は加熱処理をして殺菌することで、新しい乳酸菌HK L-137に生まれ変わることを発見しました。

加熱殺菌でより強く安定する乳酸菌L-137

乳酸菌L-137は加熱することで、より強く安定した乳酸菌HK L-137となりますが、加熱することで3つの変化が起きパワーアップすることが分かっています。その3つの特長とは?

【免疫活性化力が強くなる】

生菌の時と比較して、免疫活性化力が非常に高くなる

【免疫活性化力を高く保てる】

免疫活性化力は時間とともに低下しますが、加熱殺菌すると、その時点での活性化力が固定されて時間が経過しても活性化力が維持される

【腸に届きやすくなる】

加熱すると生菌時より抵抗力が高まり、消化液の影響もあまり受けずしっかりと腸まで届く

乳酸菌L-137の効果~インフルエンザ予防効果への期待~

私たちの体にはもとから免疫力が備わっています。この免疫力を活性化する力が乳酸菌にはあると言われていて、乳酸菌の健康効果のひとつとして挙げることができます。

乳酸菌L-137は、他の一般的な乳酸菌よりも免疫活性化力が強く、インフルエンザの予防効果が期待できると言われている乳酸菌です。

ハウスが行った研究結果によると・・・

さらに、ヒトに対する実験でもインターフェロン・ベータ(IFN- β)の上昇が確認できています。

このような結果から、私たちがHK L-137を摂取することでインフルエンザを予防する効果への期待が高まっています。

免疫活性化力の強さのポイントは「リポテイコ酸」

乳酸菌L-137が他の乳酸菌よりも免疫活性化力が強いと言われるその強さのポイントは、「リポテイコ酸」にあります。
リポテイコ酸は細胞壁にある成分で、乳酸菌L-137は菌の外に伸びたリポテイコ酸の量が一般の乳酸菌よりもずっと多いことが分かっています。これが免疫活性化力の強さにつながっているのです。

★乳酸菌L-137が手軽に摂れるサプリメント

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!