プロバイオティクスで腸内フローラの改善を目指す

腸内フローラとは

ヒトの腸内には多くの腸内細菌がすみついています。その数は1,000兆個、種類は約1,000種類と言われ、多種多様な腸内細菌たちが種類ごとに集まり群れをなして、複雑な生態系をつくっています。その状態が花畑に例えられ「腸内フローラ」と呼ばれています

腸内フローラの重要性

腸内フローラの腸内細菌の種類は人それぞれ違います。ただ、健康な場合には、ヒトの体にいい働きをする菌である「善玉菌」が多い状態となっています。しかし、腸内フローラのバランスが崩れ、善玉菌よりも腸内の中を腐らせたり有害物質を作る悪玉菌が増えてしまうと腸内環境が悪化し健康に影響を及ぼします。

近年、腸内環境に関する研究が進められ、腸内フローラが私たちの病気や健康に影響することが分かり、ますます腸内環境への注目が高まっています。

腸内フローラを改善するプロバイオティクス

プロバイオティクスとは、「腸内フローラのバランスを改善して、ヒトの体に有益な影響を与える生きた微生物」のことです。また、この微生物が含まれている食品や製品をプロバイオティクスと言う場合もあります。

プロバイオティクスの代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌です。乳酸菌やビフィズス菌は、私たちの腸内にすみついている細菌ですが、年齢と共に減少していくことが分かっています。ビフィズス菌は、食物繊維の不足などの食生活の乱れやストレス、運動不足でも減少してしまいます。

そのため、腸内フローラを良好にするためにプロバイオティクスを補うことがすすめられています。

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!