• TOP >
  • 乳酸菌記事一覧 >
  • 漬物から発見された植物性乳酸菌「ラブレ菌」の特徴や効果・効能とは?

漬物から発見された植物性乳酸菌「ラブレ菌」の特徴や効果・効能とは?

ラブレ菌は日本人との相性がよい植物性乳酸菌

乳酸菌は、何に由来するものかの違いによって、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けることができます。動物性乳酸菌は牛などの乳に生育している乳酸菌で、植物性乳酸菌は野菜や豆など植物素材を発酵させる乳酸菌のことです。

日本人は昔から、漬物や味噌など植物性乳酸菌の発酵を利用して作られた食品を摂ってきましたが、食生活の変化に伴い植物性乳酸菌の摂取量が減っています。

ラブレ菌は、京都生まれの乳酸菌で日本人との相性がいいと言われている植物性乳酸菌です。酢茎菜(すぐきな)というかぶの一種を漬け込んで作る京都の伝統的な漬物「すぐき漬け」から発見されました。

腸で生き抜く力が強いラブレ菌

ラブレ菌の特徴は、腸で生き抜く力が強いということ。動物性乳酸菌は生育しやすい恵まれた環境で育ちますが、植物性乳酸菌は漬物など塩分濃度が高い厳しい環境でも生き抜くことができ、塩分や酸に強いのが特徴です。

そのため、胃酸などの消化液にも負けずに腸まで生きて届くことができ、とても生命力の強い乳酸菌と言えます。

ラブレ菌の働き

ラブレ菌は植物性乳酸菌ですので、もとからヒトの体内にいる乳酸菌ではありません。しかし、私たちにとって良い働きをすることが分かっています。ラブレ菌を摂ることで期待できる効果として、腸内環境を整える、免疫力の向上、ビフィズス菌をはじめとする腸内の善玉菌を増加させるなどが挙げられます。

★ラブレ菌が配合されている乳酸菌サプリメントはコレ!

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!