フェカリス菌って知ってる?死菌でも効果を発揮する乳酸菌

フェカリス菌ってどんな乳酸菌?

乳酸菌の1種、フェカリス菌とは一体どんな特徴がある乳酸菌なのでしょうか。

フェカリス菌は、ヒトの体にもとから存在する乳酸菌です。丸い形をしていて、乳酸球菌に分類されます。また、フェカリス菌はとても小さな乳酸菌で、ヨーグルトなどに入っている他の乳酸菌の5分の1程度の大きさしかありません。

そのため、少量でもたくさんのフェカリス菌を摂ることができ、一度に多くの量を摂るのにむいている乳酸菌と言われています。

正式名称:エンテロコッカス属フェカリス菌
形:丸い球状(乳酸球菌)
大きさ:500ナノメートルほど。他の乳酸菌よりも小さな超微粒子
動物性or植物性:動物性乳酸菌
代表的な菌株:EC-12株、FK-23株、EF621K株、EF-2001株 など

死菌でも効果を発揮するフェカリス菌

乳酸菌は、生きている菌(生菌)と死んでいる菌(死菌)のどちらが効果的なのかという話があります。

一般的には、乳酸菌は生菌で摂る方が良いとされていましたが、フェカリス菌は加熱殺菌処理を行った死菌の状態で摂取しても効果的だと言われているのが特徴です。むしろ、フェカリス菌の場合は死菌の状態で摂取したほうがより高い効果が得られることが報告されているのです。

死菌は加工保持がしやすいため、死菌でも効果的と言われるフェカリス菌は、手軽にたくさんの乳酸菌を摂取できるメリットがあります。

フェカリス菌の働き

フェカリス菌は、腸内環境の改善や免疫力の向上、コレステロール値の低下、アレルギー症状の緩和などの効果が期待できると言われています。

加熱処理を行った死菌として摂取すると、ほぼ消化や分解されることなく腸まで届くことができます。そして、腸内で善玉菌のエサとなって、善玉菌を増加させ悪玉菌を減少させる効果があります。

さらに、免疫力向上の効果については、生菌よりも死菌で摂取した方がより効果が高まることが分かっています。生菌として摂取すると、通常の乳酸菌と同様に腸内環境を改善する働きがあります。

このように、フェカリス菌は体に有益な生きた菌であるプロバイオティクスとしての働きと、死菌として摂取した場合に善玉菌のエサとなるプレバイオティクスとして働きのどちらもある乳酸菌だと言えます。

★フェカリス菌が含まれている乳酸菌サプリメントはコレ!

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!