ラクトフェリンとは~乳酸菌とラクトフェリンの違い~

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンは、1939年にデンマークの科学者であるゼーレンセン博士によって牛乳の中から発見されました。鉄と結合しやすい性質のある糖タンパク質で、その性質から赤みがかった色をしています。ラクトフェリンという名前は、ミルクを意味する「ラクト」鉄と結合を意味する「フェリン」からつけられました。

多くの哺乳動物の乳にラクトフェリンは含まれていて、殺菌される前の牛乳である生乳やヒトの母乳にも含まれています。中でも母乳の中のラクトフェリンは多いことが分かっていて、その濃度は生乳と比較すると約10倍と言われています。特に出産した後の数日間に出る初乳に最も多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんの健康を維持し守るために役立っていると考えられています。母乳以外では、唾液や涙、鼻汁、血液などにも存在しています。

研究で明らかになったラクトフェリンの働き

世界中で行われているラクトフェリンの研究で、その働きが明らかになってきています。がんの予防やノロウィルスなどの感染予防、ピロリ菌の減少などがあります。さらに、腸内の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整えたり、貧血の改善なども挙げられます。

乳酸菌とラクトフェリンの効果の共通と違い

ラクトフェリンにも腸内の善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整えるという乳酸菌と似ている作用がありますが、この2つは大きく違います。ラクトフェリンはタンパク質ですが、乳酸菌は細菌です。そのため、ラクトフェリンをヨーグルトに入れても菌のように増えたりしないのです。
このように、ラクトフェリンと乳酸菌は違いますが、ラクトフェリンにはビフィズス菌を増やす効果があるため、乳酸菌と一緒に摂ることも勧められています

【共通】

  • 免疫力強化
  • 感染症予防
  • 腸内環境の改善
  • アレルギーの緩和

【ラクトフェリンのみ】

  • 貧血の改善
  • ドライアイや疲れ目の改善への期待
  • 牛乳アレルギーの方は摂取できない
    (乳酸菌は植物性乳酸菌がある)

ラクトフェリンの摂取

ラクトフェリンは熱に弱いため、殺菌する工程で壊れてしまいます。そのため、市販されている牛乳や乳製品にはほとんど存在していません。食品から摂るのは難しいと言えるため、ラクトフェリンが添加されているヨーグルトなどから摂るか、サプリメントで摂ると効率よく摂れるのではないでしょうか。しかし、牛乳タンパク質のため、牛乳アレルギーの方は摂取を控えてください。

★1日分のラクトフェリン摂取量と乳酸菌も摂れるサプリメントはコレ!