乳酸菌が入った食品 ~乳酸菌の働きがヨーグルトを作る~

乳酸菌を含む食品の代表格といえるのは、やはりヨーグルトではないでしょうか。各メーカーから特徴のある乳酸菌が入っているヨーグルトが数多く販売されています。中には、消費者庁の許可を受けているトクホ商品もあります。

乳酸菌の働きがヨーグルトを作る

<ヨーグルトの定義とは?>

法律上では「発酵乳」と定義されています。ミルクを乳酸菌や酵母で発酵させたものが発酵乳です。発酵乳は、無脂乳固形分8.0%以上、乳酸菌数(または酵母数)1,000万個/ml以上と決められています。

各ヨーグルトの味などの特徴を決めるのが、発酵を引き起こすための種菌となる乳酸菌です。この種菌の種類によって、ヨーグルトの味や食感に違いが生まれるそうです。
また、ミルクが固まりヨーグルトになる仕組みも乳酸菌の働きによるものです。乳酸菌はミルクに含まれる糖分を分解して乳酸を作ります。乳酸菌によって作られた乳酸が、ミルクに含まれるたんぱく質カゼイン(酸によって固まるという性質がある)を固めるためヨーグルトができるのです。

選び方の目安にトクホを活用

日本では約7,500種類以上のヨーグルトが販売されているという話もあるほど、ヨーグルトの種類は豊富です。その中から自分にあったヨーグルトを探すのは大変なことですよね・・・。そんな時、参考になるのがトクホ(特定保健用食品)です。

トクホとは消費者庁の許可を得ている食品で、保健の効果を表示することができます。
トクホには、体の生理的機能などに影響を与える成分が含まれています。そして、お腹の調子を整えるのに役立つなど、特定の保健の効果が科学的に証明されています。証明するために、国へ科学的根拠を示し有効性や安全性の審査を受けています。

トクホマークは随分認識されるようになったと思いますが、トクホ商品にはマーク以外にも許可表示内容と摂取上の注意事項が表示されています。自分に合った食品を選ぶための情報を得ることができるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヨーグルトのトクホ商品

では、トクホとして認定を受けているヨーグルトにはどのようなものがあるのでしょうか?ここで、トクホ表示を許可されたヨーグルトの中から、一部の商品の実際に許可された表示内容をご紹介します。

◆明治ブルガリアヨーグルトLB81

LB81乳酸菌の働きにより、腸内細菌のバランスを整えて、おなかの調子を良好に保ちます。

◆タカナシヨーグルトおなかへGG!

本品は、生きたまま腸に届く乳酸菌ラクトバチルスGG株の働きにより、おなかの中の良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を良好にするよう工夫したおなかの調子を食品です。

◆ナチュレ恵megumi

ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株の働きにより、腸内環境の改善に役立ちます。

トクホ認定のヨーグルトの効果 ~乳酸菌を摂取する際の注意点~

トクホの認定を受けているヨーグルトは、腸内環境を整えたり、改善する効果が期待できるというものが多いようですが、健康によさそうだからといって摂りすぎはよくありません。トクホ商品は、たくさん摂ったからといって効果が高まるものではありません。

また、ヨーグルトの食べ過ぎはカロリーを摂りすぎる心配もあります。乳酸菌がたくさん摂れるからといって過剰に食べるのはやめ、1日の目安量などを守るようにしましょう。

乳酸菌以外の栄養素の摂取が気になる場合には、サプリメントの活用も有効ですね。