乳酸菌の1日あたりの摂取量~目安はどれくらい?

乳酸菌は様々な理由からカラダにいいと言われているため、食事などで積極的に摂りたいと思う方はたくさんいると思います。乳酸菌に期待する効果も人それぞれでしょう。例えば、便秘の改善だったり、免疫力を高めたかったり、肌の調子を整えたかったり・・・。しかし、どのような理由で乳酸菌を摂る場合でも、いったいどれくらいの量を摂れば期待する効果を得ることができるのでしょうか。

1日に必要な摂取量・目安はどれくらい?

1日に必要な乳酸菌の量については、「食品から摂る場合200g~300gほど」や「ヤクルトだと1本分」、「ヨーグルトだと200gから300g」など様々な情報があります。食品に含まれる乳酸菌の量にも違いがあるでしょうし、食品から摂る場合には具体的な摂取量や目安量を決めるのは難しい可能性があります。

過剰摂取による副作用はあるの?

乳酸菌は摂りすぎによる副作用の報告はないようですが、乳酸菌を食品から摂る場合には、その食品の他の栄養素に注意する必要があります。食品に含まれる糖分などを摂り過ぎることで問題が起きる可能性があるからです。

しかし、サプリメントから乳酸菌を摂る場合には、その他の栄養素を摂りすぎてしまう心配がありません。乳酸菌は数多く摂っても問題がないため、サプリメントなどでは「乳酸菌が○○個入っている」と数の多さをアピール商品もあります。ただし、サプリメントの場合には1日の摂取量を守って飲んでください。

乳酸菌は定着しない!?

乳酸菌を摂れば腸内に定着すると思う方もいるかもしれませんが、実際には一定期間をすぎると便と共に排出されてしまいます。その期間は3日から1週間程度とも言われ、もとから腸内に定住している菌とは違い、とどまることは難しいようです。そのため、乳酸菌は継続して摂り続けることが大切だと言われています。
また、乳酸菌は摂りすぎによる副作用がないことや、便と一緒に排出されることから、多めに摂った方がいいとも言われています。より多くの乳酸菌を摂るには、食品ではなくサプリメントが便利です。糖分などの摂りすぎを心配する必要もなく、手軽に乳酸菌の摂取を続けられるでしょう。