善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランス~乳酸菌の働き~

私たち人間の腸内にはいったいどれほどの細菌がいるのかご存じでしょうか?その数は1,000兆個にもなり、種類も1,000種類ほどと言われています。細菌は、大きく分けると「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つのグループに分類できます。

腸内細菌の種類

【善玉菌】

健康の維持や老化の防止に影響する菌で、よく知られているものに乳酸菌やビフィズス菌があります。腸内を酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑えます。腸内でビタミンを作ったり、腸の働きを整えて便秘や下痢を予防したり、免疫力を高めて風邪などを予防する働きがあります。

【悪玉菌】

体に悪い影響を及ぼす菌です。代表的な菌として、ウェルシュ菌、ブトウ球菌、大腸菌(毒性株)などがあります。悪玉菌は、下痢や便秘を引き起こしたり、老化を促進させたり、免疫力を弱めたりする働きがあります。

【日和見菌】

善玉菌と悪玉菌の中間である日和見菌は善玉菌が優勢な時はいい働きをしますが、悪玉菌が優勢になった場合は共に悪さをして有害物質を作り出します。

悪玉菌が増える原因

悪玉菌が増えると体に様々な影響が出てきます。例えば、肌があれたり、口内炎ができたり、太りやすい体質になったりします。便やオナラが臭ったり、肌あれが起きたり、口臭や体臭が変化したり、疲れや風邪を引きやすいなどの症状がある場合は、悪玉菌が増えている可能性があります。

悪玉菌が増える原因の1つは、食生活の乱れにあります。特に、肉中心の食生活をしている方は気をつけた方がいいでしょう。悪玉菌は肉類のタンパク質やアミノ酸をエサにして有害物質を出し、下痢や便秘などを引き起こします。

2つめは、食物繊維の不足です。食物繊維は腸内の腐敗物を吸収することで乳酸菌など善玉菌の働きを高めます。そのため、食物繊維が不足すると善玉菌が増加しにくくなり悪玉菌が優勢となってしまうのです。

腸内バランスが大事

腸内細菌のバランスが健康に影響するため、日頃から乳酸菌などの善玉菌が多い健康的な腸内環境を作ることが大切になります。しかし、腸内環境は食事やストレス、体調、年齢など様々な要因によって日々変化します。では、どのような状態が健康的な腸内環境と言えるのでしょうか。

腸内の細菌の数は、日和見菌、善玉菌、悪玉菌の順に多く存在します。理想的な腸内細菌のバランスは、善玉菌が20%、日和見菌が70%、悪玉菌が10%です。健康のためには、善玉菌を悪玉菌よりも増やすことが重要になります。また、状況によって悪さをする日和見菌に悪玉菌の働きをさせないことも大事です。